• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

人工衛星がとる軌道の一。地球の自転と同じ周期で公転し、地上の一地点からは、毎日同じ時刻に同じ位置に見える。軌道傾斜角が0度の場合は静止軌道といい、赤道上空を周回する。逆に軌道傾斜角を大きくした場合は、地球の両極近くを通るため、高緯度地域の通信や観測に利用される。対地同期軌道。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉