• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

同病相憐の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

同じ病気に苦しむ人々が、互いに同情し合うこと。また広く、同じ境遇で苦しむ者同士は、互いになぐさめ合うことをいう。▽一般に「同病どうびょうあいあわれむ」と訓読を用いる。
出典
『呉越春秋ごえつしゅんじゅう』闔閭内伝こうりょないでん
用例
「フム乙おつう山口を弁護するネ。やっぱり同病相憐れむのか。」<二葉亭四迷・浮雲>

同病相憐の解説 - 学研 四字辞典熟語

同じ病気をもった者同士は、その苦痛が分かるから同情し合えるということ。転じて、同じ境遇にある者同士は、互いになぐさめ合えるということ。
注記
「同病どうびょうあいあわれむ」と読み下す。
出典
『呉越春秋ごえつしゅんじゅう』闔閭内伝こうりょないでん

キーワード[同情]の四字熟語