平安後期から中世にかけての名田 (みょうでん) 所有者。領主に対して年貢・夫役 (ぶやく) などの負担の義務を負う一方、家族・所従・下人などに名田を耕作させた。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫