自分の官位・氏名などを書いた札。入門・服従のしるしとして、また、貴人に会うときなどに差し出した。みょうぶ。

「人のそこら奉る―をとどめさせ給ひて」〈宇津保・藤原の君〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫