名古屋市中区にある城。慶長15年(1610)徳川家康が築いた典型的な平城 (ひらじろ) 。同17年に完成した天守は加藤清正の造営で、大棟上の金の鯱 (しゃちほこ) は有名。天守下の本丸殿舎とともに太平洋戦争で焼失、戦後復元。狩野探幽 (かのうたんゆう) らの手になる襖絵 (ふすまえ) が戦災をまぬがれ、宝物館に保存されている。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース