• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[?~1603]出雲の阿国 (おくに) とともに、歌舞伎の始祖とされた伝説的な人物。史実によれば加賀藩名越家の出で、名越山三郎といい、蒲生氏郷 (がもううじさと) の奥州攻めに小姓として従い手柄を立てて名を上げ、のち美作 (みまさか) の森家に仕えたという。名古屋山三郎。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉