菩薩 (ぼさつ) の名。これを聞いたり唱えたりすることに功徳 (くどく) があるとされる。特に、「阿弥陀仏」の4字、「南無阿弥陀仏」の6字をさす。「六字の―を唱える」「弥陀の―」

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫