• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

名字帯刀の解説 - 学研 四字辞典熟語

江戸時代、血筋をあらわす家の名称(姓・名字)を名乗り、太刀を腰に差す武士の特権が、平民の身分でも庄屋や御用商人などの一部に特例として許されたこと。名字帯刀御免。
用例
我が父君の家といふは、農家ながらも我が故郷にありては、由緒ある旧家にて、維新前には、苗字帯刀をも許されし家系なりとか。〈清水紫琴・葛のうら葉〉

名字帯刀の解説 - 小学館 大辞泉

名字を名のり、太刀を帯びること。江戸時代は武士の特権であったが、のち、特に家柄や功労によって庶民に対しても許された。