• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 宮中で、供奉 (ぐぶ) 宿直 (とのい) の官人が、一定の時刻に行われる点呼で名のること。おおむね亥 (い) の刻(午後10時)に行われた。名謁 (みょうえつ) 。宿直申し。問籍 (もんじゃく) 。

  1. 戦場で互いに自分の氏名を名のりあうこと。

    1. 「互ひに―して散々に射殺しぬる者もあり」〈盛衰記・四一〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉