• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安後期から中世にかけて、荘園国衙領 (こくがりょう) の構成単位をなす田地。開墾・購入・押領などによって取得した田地に、取得者の名を冠して呼んだもの。名 (みょう) 。→名主 (みょうしゅ) 

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉