品詞の一。国文法では、自立語活用がなく、文の主語となることができるもの。代名詞とともに体言と総称する。数詞などもこれに含まれる。意味上、固有名詞普通名詞などに分けられるが、文法上は区別する必要がないとされる。

[補説]学校文法などでは代名詞を名詞に含めることがある。

出典:青空文庫