• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

向象賢の解説 - 小学館 大辞泉

[1617~1675]琉球王国の政治家。向象賢は唐名。羽地朝秀 (はねじちょうしゅう) ともいう。王族の出身といわれ、尚貞王の摂政をつとめた。琉球最初の史書「中山王鑑」を編纂 (へんさん) 。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉