• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「論語」子張から》日食月食も光を失ってもすぐに明るくなるように、君子は過ちを犯すことがあっても、すぐに改めて、もとの徳性に立ち返るというたとえ。