• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

君子不器の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

器物はある用途にのみ有効であるが、君子はそうした一能一芸にのみすぐれるのではなく、広く何事にも通用する才能をもつということ。▽「君子」は教養や徳の高い立派な人。人格者。一般に「君子くんしは器ならず」と訓読を用いる。
出典
『論語ろんご』為政いせい

君子不器の解説 - 学研 四字熟語辞典

すぐれた人物は一つの分野の才能にすぐれているだけではなく、どんなことにも通用する才能をもつということ。
注記
「器」は、容器のこと。すぐれた人は一つの用途しかない容器とは違って万能であるという意から。「君子は器うつわならず」と読み下す。
出典
『論語ろんご』為政いせい