• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、幕府の吟味筋(刑事裁判)で、専決権をもたない事件について、いかなる刑を科すべきか上司に指示を仰ぐ文書。代官より勘定奉行へ、あるいは寺社勘定の三奉行などより老中へ提出された。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉