[動マ五(四)]《「いなぶ」の音変化》
  1. 断る。嫌がる。辞退する。「申し出をむげに―・むわけにもいかない」

  1. 否定する。「―・むことのできない事実」

[補説]古くは上二段活用かと思われるが、平安時代の用例は連用形・終止形がほとんどで、上二段か四段か決めがたい。
[可能]いなめる

出典:青空文庫