• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

含哺鼓腹の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

人々が豊かで、太平な世を楽しむたとえ。食べ物を口に含み、満腹になって腹つづみをうつ意から。▽「哺」は口に含んだ食べ物。「含哺」は食べ物を口にほおばることで、満腹の意。「鼓腹」は腹つづみをうつこと。「哺を含ふくみ腹はらを鼓す」と訓読する。
出典
『荘子そうじ』馬蹄ばてい、『十八史略じゅうはっしりゃく』帝尭ていぎょう
類語
鼓腹撃壌こふくげきじょう
goo辞書からアプリ誕生!文章作成×辞書検索 idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。