• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

夏目漱石の小説。明治38~39年(1905~1906)発表。中学教師苦沙弥 (くしゃみ) 先生の飼い猫の目を通して、近代文明の中の人間を批判・風刺した作品。