• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

呉下阿蒙の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

いつまでたっても、全く進歩のないつまらない人のたとえ。また、無学な人のたとえ。呉の蒙さんの意から。▽「呉下」は呉の国の中。呉の地方にいる意。「阿」は相手を親しみを込めて呼ぶのに名前の上につける接頭語。「阿蒙」は蒙さんの意。ここでは中国三国時代呉の孫権そんけんに仕えた呂蒙りょもうのこと。「旧きゅう阿蒙」ともいう。
出典
『呉志ごし』呂蒙伝りょもうでん注に引く『江表伝こうひょうでん
用例
呉下の阿蒙は我のみなるか。<坪内逍遥・内地雑居未来之夢>
故事
三国時代、呉の呂蒙は若いころ全く無学であったが、主君の孫権の勧めで学問に励んでいた。のちに魯粛ろしゅくが呂蒙と久しぶりに会ったとき、その学問の進歩ぶりに感嘆して「もはや呉にいたころの蒙さんではない」と言った故事から。

呉下阿蒙の解説 - 学研 四字辞典熟語

無学な人のたとえ。また、昔から少しも進歩しない人のたとえ。あざけるときに用いることば。
注記
「呉」は、地域の名。「下」は、そのあたり。「阿」は、親愛の意を表す接頭語。「阿蒙」は、蒙さんと親しみをこめたよび方で、ここでは呂蒙りょもうのこと。「旧阿蒙」ともいう。
故事
中国三国時代、呉王ごおう孫権そんけんの将軍の魯粛ろしゅくが呂蒙に会ったとき、以前とは比べものにならないほどの博学多識ぶりに感服し、「君は武略に通じているだけの人間だと思っていたが、今では学問も上達して、もう呉にいたころの蒙さんではない」と言ったという。
出典
『呉志ごし』呂蒙りょもう・注

キーワード[学問・学習]の四字熟語

キーワード[進歩/退歩]の四字熟語