• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[枕]竹の節 (ふし) また節 (よ) に関する意から、「ふし」「よ」「よる」「言の葉」「末」にかかる。
  • 「―ふし沈みぬる露の身も」〈金葉・雑下〉
「―むなしと説ける言の葉は」〈千載・釈教〉