《「くれはたおり」の音変化。「くれはどり」とも》

[名]
  1. 上代、漢織 (あやはとり) とともに中国の呉 (ご) の国から渡来したと伝えられる織工。

  1. 1がもたらした技術で織った綾模様のある絹織物。

    1. 「五彩の―、錦の縁 (へり) の五尺の屏風四帖をもて」〈性霊集・三〉

[枕]美しい綾のあるところから、「あや」「あやに」「あやし」にかかる。
    1. 「おぼつかないかにと人の―あやむるまでに濡るる袖かな」〈山家集・中〉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉