• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

呉越同舟の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

仲の悪い者同士や敵味方が、同じ場所や境遇にいること。本来は、仲の悪い者同士でも同じ災難や利害が一致すれば、協力したり助け合ったりするたとえ。▽「呉」「越」はともに中国春秋時代の国名。父祖以来の因縁の宿敵同士で、その攻防戦は三十八年に及んだという。
出典
『孫子そんし』九地きゅうち
句例
呉越同舟してバスに乗り合わせる
用例
酒場では呉越同舟でありたい。仲のいい客同士ならなおいい。<山口瞳・諸君!この人生、大変なんだ>
類語
楚越同舟そえつどうしゅう 同舟共済どうしゅうきょうさい
活用形
〈―スル〉
故事
『孫子そんし』で、「呉と越は宿敵同士でしばしば戦いを繰り広げたが、その憎しみ合っている両国の人が、同じ舟に乗って川を渡るときに大風が吹いて舟が覆りそうになれば、普段の恨みも忘れて互いに助けあうだろう」とたとえた故事から。

呉越同舟の解説 - 学研 四字辞典熟語

仲の悪い者同士が同じ場所や境遇にいること。また、仲の悪い者同士が一緒に行動すること。さらに、仲の悪い者同士が反目しながらも、当面の難局を切り抜けるために協力し合うこと。
注記
「呉」も「越」も、中国春秋時代の国名。父祖以来の宿敵で、その戦いは三八年にも及んだといわれる。「同舟」は、同じ舟に乗ることから転じて、同席すること。仲の悪い呉の人と越の人が同席するという意から。
故事
中国春秋時代、呉と越の両国は宿敵同士でしばしば戦を行っていた。しかし、もし呉の人と越の人が同じ舟に乗り合わせたとしたら、嵐にあったときは互いに協力して助け合うだろう、と孫子がたとえた。
出典
『孫子そんし』九地きゅうち

呉越同舟の解説 - 小学館 大辞泉

《「孫子」九地から》仲の悪い者どうしが同じ所に居合わせたり、行動を共にしたりすること。また、敵対していてもいざというときには共通の困難や利害のために協力し合うこと。→呉越

キーワード[協力]の四字熟語

キーワード[敵]の四字熟語

出典:gooニュース