1. こうさく(視告朔)

  1. 古代中国で、諸侯が天子から受けた新しい年の暦を祖先の廟 (びょう) に納め、毎月1日に羊を供えて廟に告げ、その月の暦を国内に施行したこと。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉