• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. カメラのレンズなどの光学系において、光軸(レンズの中心軸)から周辺部へ離れるに従い光量が減り暗くなる性質のこと。周辺光量低下。周辺光量不足。

  1. 太陽表面の輝度が中心から周辺部へ離れるに従い減少する現象。地球から目にする光球は半透明のガスからなり、中心部ではより内部の高温の層を見通せるが、周辺部では浅い低温の層しか観測できないことによって生じる。縁辺効果。