• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「じゅしはしり」とも》

  1. 呪師3によって演じられた芸能。平安中期から鎌倉中期にかけて盛行。曲芸・早業的な演技が中心で、敏速な動きが多かったのでこの称がある。ずしばしり。

  1. 能の翁 (おきな) の特殊演出の一。奈良興福寺薪能 (たきぎのう) の行事の初めに春日大社で行われる。呪師走りの翁。ずしばしり。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉