《「しゅがん」とも》法会または食事の時に、施主の願意を述べ、幸福などを祈ること。また、その祈願の文章。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉