• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ワ五(ハ四)]《動詞「よ(呼)ぶ」の未然形+接尾語「ふ」から》
  1. 呼びつづける。何回も呼ぶ。

    1. 「『行徳!』と―・って入って来て勝手口へ荷をおろす出入の魚屋の声も」〈藤村・桜の実の熟する時〉

  1. (「夜這う」「婚う」とも書く)言い寄る。求婚する。また、女の所へ忍んで通う。

    1. 「女のえ得まじかりけるを年を経て―・ひわたりけるを」〈伊勢・六〉