• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《命をつなぎとめている綱の意から》生きていくうえでこの上もなく大切なもの。いのちづな。「わずかな食糧が―だ」「―と頼る人」