1. 律令制で、五位以上の女官、また五位以上の官人の妻の称。前者を内命婦 (ないみょうぶ) 、後者を外命婦 (げみょうぶ) という。

  1. 平安中期以降、中級の女官や中﨟 (ちゅうろう) の女房の称。「靱負 (ゆげい) の―」「威儀の―」

  1. 中世、稲荷 (いなり) 明神の使いとされる狐 (きつね) の異称。

    1. 「気比宮 (けひのみや) の白鷺、稲荷山の―」〈太平記・三九〉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

出典:青空文庫