(梵)upādhyāyaの俗語khoshaの音写。師の意》

  1. を授ける師の僧。また、修行を積んだ僧の敬称。

  1. 僧位の一、法眼 (ほうげん) のこと。

  1. 寺の住職。また、僧侶のこと。「山寺の和尚さん」

    1. ㋐技芸に秀でた者。武道・茶道の師匠など。

    2. ㋑江戸初期、上位の遊女

[補説]禅宗浄土宗では「おしょう」、天台宗華厳宗では「かしょう」、真言宗法相宗律宗浄土真宗では「わじょう」といい、律宗浄土真宗では「和上」と書く。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫