1. 漢詩に対して、上代から行われた日本固有の詩歌。五音と七音を基調とする長歌短歌旋頭歌 (せどうか) 片歌 (かたうた) などの総称。平安時代以降は主に短歌をさすようになった。やまとうた。

  1. 万葉集の題詞にみえる「和 (こた) ふる歌」から》答えの歌。返し歌。

  1. (ふつう「ワカ」と書く)能で、舞の直後または直前にある謡物 (うたいもの) 。詞章は短歌形式を基本とする。

出典:青空文庫