• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和田芳恵の解説 - 小学館 大辞泉

[1906~1977]小説家・文芸評論家。北海道の生まれ。出版社勤務を経て樋口一葉の研究に入り、「一葉の日記」などを刊行。小説では、短編の名手として知られた。「塵の中」で直木賞受賞。他に「接木 (つぎき) の台」「雪女」など。

和田芳恵の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
北海道山越郡長万部町
生年月日
1906年4月6日 おひつじ座
没年月日
1977年10月5日(享年71歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉