• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

罪のつぐないをすること。

「旦方 (だんぱう) の―をする程に、来世の事は愚僧にまかせ給へ」〈浮・元禄大平記〉