• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ガ下一][文]せきあ・ぐ[ガ下二]
  1. しきりにせきをする。せきこむ。「苦しげに―・げる」

  1. 涙がこみ上げてむせる。しゃくりあげる。「悲しみのあまり―・げる」

  1. 感情が高まる。

    1. 「白状しければカリドンは忽ち、かっと―・げて」〈竜渓経国美談