• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

戦国時代に秦の孝公が咸陽に建てた壮大な宮殿。のち、始皇帝が住んだ。

[補説]曲名別項。→咸陽宮

謡曲。四番目物金春 (こんぱる) 以外の各流。燕 (えん) の荊軻 (けいか) と秦舞陽 (しんぶよう) は秦の始皇帝の命をねらうが、花陽夫人の琴に聴きほれているうちに討ち取られる。