• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動バ四]
  1. 哀れむ1」に同じ。

    1. 「慈悲の心深くして、人を―・ぶ事仏の如く」〈今昔・一一・二〉

  1. 哀れむ2」に同じ。

    1. 「花をめで、鳥をうらやみ、霞 (かすみ) を―・び、露をかなしぶ心」〈古今・仮名序〉

[動バ上二]哀れむ」に同じ。
    1. 「神聞き―・びさせ給ひて」〈大鏡・道長下〉

[補説]もとは上二段活用で、その後多く四段活用に変化して用いられたものか。