悲しみと楽しみ。「喜怒哀楽」

出典:青空文庫