• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

品行方正の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

心や行いが正しく立派なさま。▽「品行」は行い・振る舞い・行状のこと。「方正」は心や行いが、正しくきちんとしているさま。
句例
品行方正な人物
用例
「おれは辰己屋で見てとったが、お前ただ膝ひざを突きあわすだけで固くなってたね。あんなの、つまらねえよ。あの程度の品行方正のことしかできねえのかよ、お笑い草だ。驚き入った木偶でくの坊だ。」しかし理論と実践、軍学と実戦、誰だれだって<井伏鱒二・駅前旅館>
類語
規行矩歩きこうくほ 方正之士ほうせいのし
活用形
〈―ナ〉

品行方正の解説 - 学研 四字辞典熟語

行いが正しく立派で、模範的であるさま。
注記
「品行」は、道徳的見地から見た言動。身持ち。「方正」はきちんとしていて正しいこと。
類語
規行矩歩きこうくほ

品行方正の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]行いがきちんとしていて正しいこと。また、そのさま。