• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

京都市東部、琵琶湖疏水に沿う小道。北の銀閣寺橋から南の若王子 (にゃくおうじ) 橋に至る。全長約1.5キロ。大正時代、西田幾多郎河上肇田辺元ら哲学者が散策したことによる呼称。

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉