• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ハネズの花のような、白みを帯びた赤い色。色があせやすいという。

「山吹のにほへる妹が―の赤裳の姿夢に見えつつ」〈・二七八六〉