平安時代、十二単 (じゅうにひとえ) のいちばん上に着る丈の短い衣。前は袖丈の長さで後ろはそれよりも短く、袖幅は狭く、綾・錦 (にしき) ・二重織物で仕立て、裳 (も) とともにつけて一具とする。唐の御衣 (おんぞ) 。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

出典:青空文庫