• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

唯一無二の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

この世でただ一つしかないこと。他に同類のものがなく、その一つ以外並ぶものがないこと。▽「唯一」「無二」は、ともに二つとないことを表す類義語で、これを重ねて意味強調した語。
句例
この世で唯一無二の珍宝
用例
浄土真宗では阿弥陀如来あみだにょらいを唯一無二のみほとけとして頼みまいらせ、観音などというような諸菩薩ぼさつは認めませぬ。<司馬遼太郎・尻啖え孫市>

唯一無二の解説 - 学研 四字熟語辞典

ただそれ一つだけしかなく、二つとないもの。同じものを他に求めても得られないほど、貴重なこと。
注記
「唯一」も「無二」も、たった一つという意味。同じ意味のことばを重ねて語意を強調したもの。

唯一無二の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

《「唯一」を強めていう語》ただ一つあって、二つとないこと。「—の存在

[大切]の四字熟語

[唯一]の四字熟語

出典:gooニュース

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月