[副]ただ」を強めていう語。ひたすら。もっぱら。「―みごとというほかはない」「―友の無事を祈る」

出典:青空文庫