唯我独尊の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

この世で、自分ほど偉いものはいないとうぬぼれること。釈迦しゃかが生まれたときに七歩歩き、一方で天を指し、他方で地を指して唱えたという言葉と伝えられる。この世の中で自分より尊いものはいないという意味。▽「天上天下てんげ唯我独尊」の略。「唯我」はただ自分のみということ。「独尊」は自分だけが一人尊いということ。
出典
『長阿含経ちょうあごんきょう』一
句例
唯我独尊の独裁者
用例
さすがに、この人に訪ねられたのでは、勝も無精をして、屋敷の中に唯我独尊を極めている訳にも行かない。<子母沢寛・勝海舟>
類語
遼東之豕りょうとうのいのこ

唯我独尊の解説 - 学研 四字辞典熟語

自分が世界一すぐれているとうぬぼれること。この世で自分だけが尊いというひとりよがりな態度。
注記
もとは、釈迦のことばで、うぬぼれるというニュアンスはない。「唯」は、ただ。「独尊」は、自分だけが尊い。
故事
釈迦は誕生したときに、七歩あるいて、天と地を指さし、「天上天下てんじょうてんげ唯我独尊」と言って、自分の尊厳を示したという。
出典
『長阿含経ちょうあごんきょう』一
類語
坎井之蛙かんせいのあ 夜郎自大やろうじだい 用管窺天ようかんきてん 遼東之豕りょうとうのいのこ

唯我独尊の解説 - 小学館 大辞泉

  1. 天上天下 (てんじょうてんげ) 唯我独尊」の略。

  1. 自分一人が特別にすぐれているとうぬぼれること。ひとりよがり。

[非難する/傲慢・傍若無人/驕り高ぶる]カテゴリの四字熟語

キーワード[ひとりよがり]の四字熟語

出典:青空文庫