• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世、祈祷 (きとう) ・卜占 (ぼくせん) や祝福芸能を業とした下級の陰陽師 (おんようじ) 。室町時代には奈良興福寺に座が結成されたほか、京都など各地に存在し、曲舞 (くせまい) 猿楽などの芸能を行ったが、江戸時代には賤民 (せんみん) 化した。声聞師 (しょうもんじ) 。しょうもじ。しょもじ。