• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

売買にあたって、商人は最初の言い値からだんだんに下げていくが、客は最初安い値を言っても、だんだんに値を上げられて買うのがならわしである。