• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《心中を啓 (ひら) いて、他人の心に沃 (そそ) ぎ入れる意》心に思うことを隠さずに主君に申し上げること。

「五百 (いお) の―も与って力があったであろう」〈鴎外渋江抽斎