• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ユキノシタ科の多年草。亜高山帯の林下に生え、高さ10~25センチ。葉は卵形で浅く裂ける。夏、白い小花を総状につける。名は、薬草として喘息 (ぜんそく) に効くことに由来。

[生物/植物名]カテゴリの言葉