• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

けんかや争いをした者を、理非を問わないで双方とも処罰すること。戦国時代の分国法にみられ、江戸時代にも慣習法として残っていた。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉