1. 人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むこと。親疎により日数に長短がある。「喪に服する」「喪が明ける」

  1. わざわい。凶事。災難。

    1. 「平らけく安くもあらむを事も無く―無くもあらむを」〈・八九七〉